バギンズはギュゲスなりや?

こちらは Tolkien Writing Day #3 への参加記事になります。



Happy HOBBIT Day!

バギンズ氏におかれましては心より、お誕生日おめでとうございます♪

めでたきこの日において少し暗いテーマになりますが、力の指輪の元ネタのうちの1つとされているギュゲスの指輪のギュゲスと一つの指輪の両バギンズ氏の関係について稚拙ながら意見を述べたいと思います。

バギンズはギュゲスなりや?

ギュゲスの指輪

ギュゲスの指輪をご存知でしょうか。古代ギリシアの哲学者プラトンの「国家」で”不道徳な行為をとっても罰を受けずにすむ力を持った場合に道徳的でいられるか”や”なぜ道徳心を失うべきでないのか”といった倫理問題があつかわれた際に、一例として挙げられたお話です。
リンク先(Wikipedia)を参照していただくと詳しく書かれていますが簡単にいうと、洞窟で姿を消すことができる金の指輪を拾った羊飼いのギュゲス君が王妃様にいけないことした上で王様を殺して自分が王様になっちゃった話です。
金色・姿を消せる・洞窟で拾ったあたりが一つの指輪と重なります。

力と誘惑

指輪物語」において誘惑は一つの指輪が秘める力への誘惑と一つの指輪が周囲の人物を堕落させるためにつかう誘惑の2パターンあって複雑ですが、「ホビットの冒険」と「ギュゲスの指輪」においてはシンプルに姿を消す力を使うかです。
フロドもビルボもギュゲスも誘惑に負けました。指輪の力をかりて本来の自身では実現できない行いを為したのです。

誘惑に負けてはいけないのか

一つの指輪の力が「指輪物語」においてエルロンド会議その他で何回も否定されるのと同じように、「国家」においてもプラトンの師であるソクラテスがギュゲスの指輪を否定します。
ソクラテスは力への誘惑を個人の決断により拒絶できるとし”道徳的でいることは悪事に対する罰をうけるのが怖い弱い者の選択ではないか”の問いへ”不道徳は人の魂を堕落させ人生を不幸にする”と答えます。
「国家」において外見からはみえないとされていますが「指輪物語」においては一つの指輪の誘惑に負けた人物達の末路に体現されています。
つまり、イシルドゥア・ゴラム・ボロミアらはソクラテス風にいうと”欲望のあまり魂を堕落させ人生をみじめにした”ということになります。
なかでもゴラムは追放され、獣のように過ごすしかなく、スメアゴルであった時の姿と比べ化け物の様に変化してしまい、拷問を受け、更に火口へダイブという何から何まで酷い人生になっています。

道徳心の秤に乗るもの

では、フロドとビルボもそうなのでしょうか。
フロドは癒えない傷を負い、ビルボは人生を「薄く引き伸ばされたバター」に例えて嘆きます。これはソクラテスのいう”外見からみえないが魂の堕落した不幸な人生”なのでしょうか。ギュゲスがそうであったと、ソクラテスが思うように。
これに対して私は、ちょっと卑怯ですがYESであってNOだと答えます。
指輪物語」は何度よんでも人を惹きつける複雑なお話です。誘惑が2パターンあったように道徳心も2パータンあると考えるのが自然ではないでしょうか。
つまり指輪の誘惑に負ける事とは別に、もう一つ道徳心をはかる大切な事が用意されているのだと考えます。
フロドとビルボはこの、もう一つの道徳心でもって哀しみを内包しながらも微笑んで退場していったように私は思うのです。
それは…お前またそれか、と思われそうですが、やはり、このもう一つの道徳心とは「情け」ではないでしょうか。
フロドとビルボは、ギュゲスのように誘惑に負けました。
しかし、そこで誘惑に負けた状態に留まらなかった。過ちを犯しても、省みて己を正したのです。




バギンズはギュゲスなりや?

私はこれに、NOと答えます。

カザドの歴史 第三紀編

 こちらはTolkien Writing Dayへの参加記事になります。



こんなで大丈夫かしらと思いながらもお陰様で、このドワーフの歴史まとめも第三紀までやってきました。

gwn001.hatenablog.jp
gwn001.hatenablog.jp
gwn001.hatenablog.jp

ひとえに私の力不足ゆえ前回から間があいてしまいましたが、いま一度のお付き合いをよろしくお願いいたします。

黎明編からお付き合いいただいている方にはご理解いただけていると思いますが、こちらは映画ではなく原作の歴史まとめになります。

映画と原作の歴史の違いについては実際に両方にふれていただくか、『別冊映画秘宝 ロード・オブ・ザ・リングホビット中つ国サーガ読本 』に詳しくまとめられていますので、そちらをお勧めいたします。



※これより先は『ホビットの冒険』や『指輪物語』のネタバレを含みます

続きを読む

神の愛でブン殴られた話(映画『ロード・オブ・ザ・リング』の衝撃)

 J.R.R.トールキン教授の作品世界へ足を踏み入れる際の心構えとして「山にたとえるとエベレスト級で奥の深い世界だが、大切なのはまず進むこと。とにかく大きいので登るルートがみんな違っても大丈夫。」と教えていただいた事を、最近になって思い出しました。

教授の作品世界。中つ国物語群を読み解き理解を深めるため、1ファンである私も折に触れては様々な角度からのアプローチを試みていますが、そんな我が身をふり返ると、どうも遭難しているように思えます。

そして初めて映画『ロード・オブ・ザ・リング』をみた時から、山にたとえると登山口へたどり着くか着かないかの時点で、すでに遭難していたのだと気づかされました。



この話は、教授の世界へ触れるきっかけであった映画『ロード・オブ・ザ・リング』を鑑賞した際に受けた精神的な衝撃についてです。

私は元からファンタジー全般へ好感を持っており、どうしようもなく中つ国のお話が大好きになってしまったタイプの人間です。

ですが今回の遭難話は、10年プロテスタント系の学校へ通い、勤勉なたちでは無かったにしろ毎日の礼拝に参加し、道徳の替わりに聖書の授業を受けていた人間(日本の仏教徒)が、真に「キリスト教の影響を受けている西洋の作品」と出会い、その表現にひすら感服するしかなかった話になります。

稚拙ではありますが私個人の宗教観を含む内容となっておりますので、そのあたりをご容赦いただけるようでしたら、どうぞお付き合い願います。

※これより先は映画『ロード・オブ・ザ・リング』のネタバレを含みます

続きを読む

レゴラスとギムリのペーパークラフトもどき

 こちらはレゴギムwebアンソロジーへの参加記事になります。

 

本来は基本的に新作を投稿すべきところ主催様から今回のみお許しをいただけたので、趣味で前に作ったレゴラスギムリの○○風(小心者なので伏字部分はご想像にお任せします)ペーパークラフトを投稿いたします。

 

続きを読む

ハーフエルフの系譜

 こちらはTolkien Writing Dayへの参加記事になります。

 

 謹んでエルフの新年のお祝いを申し上げます。

そして去年のアドベントに引き続き、このような機会に恵まれた事に感謝を。

 

 今回は前回と異なり、指輪物語の中でも(最近は外でも)有名なエルロンド卿が属するハーフエルフの系譜と、数字で見るその血筋について少しお付き合いいただきたく思います。

 

続きを読む

アルダ身長事情

 中つ国のキャラクターや種族の身体的特徴を考察して今日も楽しい…そんなgwn001は、最早どこまでが原作設定で、どこからか妄想の世界であるのか判別できなくなり自らの低脳さにうちひしがれるのでした。

 

ということで、アルダの皆さんの身長覚書メモです。

 

続きを読む

カザドの歴史 第二紀編

 トールキン #束adv Advent Calendar2015企画への参加記事になります。

 

前々回の黎明編、前回の第一紀に続き、かんたんですが第二紀のドワーフの歴史をまとめてみました。

 

このナンチャッテ歴史まとめも再三となりましたが、どうぞお付き合いいただければ幸いです。

 

※これより先は『新版シルマリルの物語』や『新版指輪物語10追補編』のネタバレを含みます

続きを読む